宮崎のハウスクリーニング,エアコンクリーニングはお掃除ヘルパーへ

洗濯機クリーニング

洗濯機の中がカビくさい。

洗った衣類に細かい汚れがつく。

 

赤ちゃんがいて布オムツを使用している。

 

子供がたくさんいて洗濯機を一日何度も使う。
洗濯槽クリーナーを使用してから衣類にゴミがつくようになった。

 

洗濯機内部はカビの温床

 

大阪市立環境科学研究所の浜田信夫研究主任の調査では、全自動洗濯機の洗濯水1ミリリットル中に平均61個のカビがみつかった。
「衣類についたチリや泥にあるカビが繁殖する」カビは半年から1年で生じ、使う頻度が高いほど生えやすいという。
これではカビの中で衣類を洗うことになりかねない。 (2002年12/14日本経済新聞より)

 

洗濯機クリーニング洗濯機クリーニング
洗濯機クリーニング洗濯機クリーニング
洗濯機クリーニング洗濯機分解クリーニング

 

・洗濯機内部、洗濯槽などの見えない所は、こんなに汚れています。

 

 

・本体から、洗濯槽を取り出しパルセーターなど分解できるものは分解して洗います。

 

 

・カビ・雑菌・石鹸カスがびっしりつき、アトピーやアレルギーの原因とも言われております。洗濯機を分解して丸洗い、専用の洗剤、器材できれいにします。

 

 

・肌の敏感な赤ちゃんの洗濯物もこれで安心です。

 

 

・市販の洗濯槽クリーナーを使用して汚れが洗濯物につきだして依頼されるケースがおおく、汚れがひどくなってからでは分解クリーニングでないと改善されません。

 

 

・クリーナーを使用したことにより、固くなっていたよごれが、洗濯するたびに少しずつ取れて衣類についてしまっています。一度分解清掃してから、こまめに洗濯槽クリーナーを使用するといいですね。

 

 

 

12,000円(税込み)

 

*乾燥機が上部についている場合、着脱費用プラス¥1,000かかります。ドラム式洗濯機、乾燥機能の付いた洗濯機は分解クリーニングしておりません。

 

 

 

洗濯機をきれいに管理するには

洗濯機の管理
・普段からカビが繁殖しやすい環境をつくらない。風通りをよくする。

 

・湿気を減らすため、使わない時は洗濯機のふたを開ける。

 

・栄養源となる洗剤を過剰に使わない。残留洗剤に注意。液体洗剤がベター。

 

・かご代わりに洗濯機に汚れ物を詰めるのはやめましょう。

 

お掃除ヘルパーTOPページ

0120-78-0353